ュース News

16-07-19 17:28

映画『共助(仮題)』 ヒョンビン×ユ・ヘジン×キム・ジュヒョク、4ヶ月の過酷な撮影を終えクランクアップ

 投稿者 : 管理者(管理者)
 


▲映画『共助(仮題)』が去る15日、ソウルでクランクアップをむかえた/写真提供:CJエンターテイメント


ヒョンビン、ユ・ヘジン、キム・ジュヒョクの共演で期待を集めている映画『共助(仮題)』(キム・ソンフン監督)が、4ヶ月の撮影を終えて15日クランクアップした。

映画『共助(仮題)』は、韓国に隠れている脱北犯罪組織追跡のため、北朝鮮と韓国の刑事が極秘裏に共助捜査を繰り広げるストーリーを描いたアクション大作。

ヒョンビンが‘共助’で韓国に派遣された北朝鮮刑事リム・チョルリョン役を、そしてユ・ヘジンが南北協力捜査に投入された刑事カン・ジンテ役を務めて期待を集めている。また南北史上初の協力のもと追跡する脱北犯罪組織のリーダー、チャ・ギソン役はキム・ジュヒョクが担い、ヒョンビン、ユ・ヘジンと対立しストーリーに緊張感を吹き込む予定だ。

観客たちが待ち望んだ3人の俳優、ヒョンビン、ユ・ヘジン、キム・ジュヒョクの初共演はもちろん、チャン・ヨンナム、イ・ヘヨン、イ・ドンヒ、ユナなど大勢の俳優たちが加勢した本作は、南北間の共助捜査という新しいテーマに焦点をあて緊張感溢れるアクションとストーリー展開で、観客の期待と好奇心をより一層倍増させる。

激しいアクションが続いた撮影を終え、去る15日ソウルでの撮影を最後に、4ヶ月間にものぼる全てのスケジュールを仕上げた‘共助’の俳優とスタッフたちは、互いに拍手をおくりあい、撮影を終えた喜びと名残惜しい挨拶を交わした。


KakaoTalk_20160719_171242569.jpg

▲映画『共助(仮題)』 ヒョンビン、ユ・ヘジン、キム・ジュヒョク/写真提供:CJエンターテイメント


‘共助’を通じて、寡黙ではあるが強い執念を持った刑事に新しく変貌をとげた姿を披露するヒョンビンは、「準備期間を含めて約9ヶ月から10ヶ月間走り続けたように思える。けれどこうして全ての撮影を終えてみると、清清しい気持ちと共に名残惜しさも感じている。なによりも多くの苦労を共にし、僕の傍で心強くとりまとめてくださったユ・ヘジン先輩に心から感謝している。俳優の方々とスタッフの皆さんや監督に、とても幸せで楽しかった撮影であったことを申し上げたい。たくさん苦労された作品に携わる全ての方が、良い作品として映画館でお会いできることを願っている。」とクランクアップに際した自身の思いを伝えた。

人間味と義理あふれる姿で観客をひきつけるユ・ヘジンは「長い時間苦楽をともにし、苦労をされたすべてのスタッフたちと俳優の方々に感謝する。無事に全ての撮影を終えることができて良かった。良い映画としてお目にかかれる日まで、たくさん期待をしていただきたい。」と述べた。また前作と相反し強烈なカリスマで帰って来たキム・ジュヒョクは、「今回の作品に向けヘアスタイルも短く変え、アクションと北朝鮮独特の発音など様々な新しい試みができた楽しい時間だった。加えて本当に良い俳優たちと出会い幸せに撮影したようだ。これまでお見せした姿よりも、さらに印象的なキャラクターで観客の皆さんにお目にかかれるようだ。多くの期待をお願いしたい。」と感想を伝えた。

映画『共助(仮題)』は後半の作業を経て、劇場公開される予定だ。


[記事:10asia ユン・ジュンピル記者]