ュース News

16-09-30 17:02

映画「꾼/クン」のヒョンビン 覚悟を感じた告祀現場〝10月クランクイン〟

 投稿者 : 管理者(管理者)
 

俳優ヒョンビンの演技変貌が期待される映画「/ク」が、926日に行われた制作告に続き101日に撮影が開始される。

 

2016年、ヒョンビンは上半期「共助」(仮題)に続き、下半期「/ク」(仮題)まで、続く2本の映画撮影で今年一年の映画界で誰よりも忙しいスケジュールを過ごしている。

 

去る7月に撮影を終えた「共助」で重厚感ある北朝鮮刑事を演じたヒョンビンは、本作「/ク」では知的な詐欺師としての姿を披露する予定だ。
飾り気のない声と深くしっとりとした彼の瞳を携えた詐欺師がどのような姿であるのか、今から期待を集めている。

 

VAST側は「これまで俳優ヒョンビンは都会的で洗練されたイメージが強かった。
だが今回の〝
/ク〟では冷徹でタフな姿から少年のような姿までの多様な姿を一度に見ることができるだろう」と伝えた。

 

すらりとした背丈とあたたかなビジュアルに加え、演技力まで兼ね備えている俳優たちの組合せで話題をさらっている「/ク」。
本格的な撮影に入る前から整った彼らの息のおかげで、初の台本リーディング時から良い雰囲気だったとの裏話で、映画に対する期待がさらに高まっている。

 

本作「/ク」は、「王の男」からイ・ジュンイク監督の厚い信頼を得ているチャン・チャンウォン監督のデビュー作。
映画「王の運命
-歴史を変えた八日間-を製作した映画社トゥドゥンが製作、SHOWBOXが配給を引き受けた期待作である。
また演技変貌を加速しながら撮影現場で忙しく一年を送っている俳優ヒョンビン。
二つの作品の相次ぐ公開にスクリーンを縦横無尽に駆け巡るヒョンビンの活躍が期待される。

 

[記事:TV REPORT/キム・ジヒョン記者]